REIT

=不動産投資信託
=Real Estate Investment Trust

J-REIT
=日本版REIT

REITの仕組み

REITの仕組みのイメージ

 

REIT(不動産投資信託)とは、
不動産を対象とする、
上場投資信託
のことです。

 

多くの投資家や、
金融機関から集めた資金で、
マンションやオフィスビル、
商業施設やホテルなど、
様々な不動産を購入、保有、
管理して得た収益により、
それによって得た賃貸収入や、
売買益を投資家に分配します。

 

その収益の90%以上を、
分配金に回すことが法律により
義務付けられているため、
小さな資金でリスクを分散し、
安定した不動産投資が可能です。

 

証券取引所に上場しているものは
上場している株式と同じように、
流動性があり、
いつでも売買することが可能で、
成行注文や指値注文、
信用買いや信用売りも可能です。

 

「投資法人型」と「投資信託型」の
2種類がありますが、
日本で取引されているには、
ほとんどが投資法人の形態です。

 
不動産を持とうとすると、
何億円かかるかわかりにくいうえ、
株式や債券と比べると、
流動性が低く、
価格もわかりにくいです。


REITであれば
少額で価格わかりやすく、
市場で取引できるため、
流動性も高いです。