リスク

対義語:リターン

 

リスクとは、投資の世界においては、
「確実でないこと(不確実性)」や、
「変動の大きさ」、
「リターンが得られない可能性」
などを意味しています。
(⇔リターン)

 

日本語での「リスク」は、
損失や危害を受けるなどの、
マイナスの部分だけを
意味している場合も多いです。

しかし、「リスク」という
本来の語源は、

プラスとマイナスを考慮した意味であり、
投資・経済の世界では、
そのリスクを把握したうえで、
回避する、又は対応するための要素と
考えることができます。

 

 

 

リスクとリターンの関係

 

基本的に投資の世界では、
リスクとリターンは相反関係にあります。

 

そのため、
「リスクが高い」というのは、
単に「危険がある」というわけではなく、
大きな損失が出る可能性もありますが、
大きな利益があることも示しています。

逆に、「リスクが低い」というのは、
損失を小さく抑えることができますが、
その分利益も少なくなります。

 

言い返れば、
ローリスクハイリターンの
投資商品はそもそも
存在しません。

 

しかし、
特にデイトレーダーに、

「ハイリスク・ローリターン」な
取引に自然となってしまう状態はあります。
特に、
損切りの設定を大きめに設定してしまう
人がなりがちであり、
多くの場合、利益を上げ続けることが
難しくなるため、
そのように感じた場合、
取引方法などの見直しも
考慮した方がいいでしょう。