これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

ローソク足【単線】

寄引同時線の見方・分析【図解】

寄引同時線とは

寄引同時線(ローソク足)の図解

寄引同時線(ローソク足)の図解

読み方:よりひきどうじせん
同義語:十字線・クロス

始値終値が等しく、本体が存在しないローソク足のことです。(十字線やクロス線と呼ばれることもあります)

寄引同時線の分析

一般的に、寄引同時線は始値と終値が等しいので買い勢力と売り勢力が、拮抗していることを示しています。そのため、「相場の迷い」を表していることが多いと言われています。また、「トレンドの変化の前兆」として、現れることも多くあり、出てきた位置や、ヒゲの長さなどによって、その後の読み解き方が変わります。

寄引同時線の分類

寄引同時線は、ヒゲの有無や長さによって、大きく5種類に分類されます。

コインチェック

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…