足長十字線(ローソク足)とは

読み方:あしながじゅうじせん
同義語:足長クロス

足長十字線(ローソク足)の図解

足長十字線(ローソク足)の図解

足長十字線とは、上下に長いヒゲを持つ寄引同時線のことです。「足長クロス」と呼ばれる場合もあり、 十字線のヒゲが長くなったローソク足と言い返ることができます。

足長十字線の分析方法

足長十字線は、投資家の売り勢力と、買い勢力が拮抗していることを意味しており、相場の転換期によく現れると言われます。

しかし、これを言い換えると、「転換でしかない」ため、次に出てくる足が非常に重要になります。