大陽線とは?

大陽線の図解

大陽線の図解

大陽線とは、始値から終値までほぼ一方方向に大きく上昇したことを意味するローソク足のことです(⇔大陰線)。比較的長い陽線という言い換えることができますが、どこまでが大陽線で、どこからが小陽線という定義はありません。

大陽線の分析法

大陽線が出現したということは、株式市場において、大きく買いの勢力が、売り勢力を上回っていることであり、投資家全体の中で、買いの意欲が非常に高いことを表しています。そのため一般的に大陽線出現後は、その後の株価が上昇する可能性が高いと考えることができます。 また、大陽線のなかでもヒゲがない、又は短いほど、相場が強い方向のサインと言われています。

大陽線の3種類一覧

また、大陽線は、上下のヒゲあるかないかなどによって、大きく3種類に分類されます。