小陽線とは

読み方:しょういんせん
対義語:小陰線

小陽線の図解

小陽線の図解

小陽線とは、始値から終値にかけて、少し上昇したことを表すローソク足
ことです。(⇔小陰線

また、いくらまでの上昇は小陽線、いくら以上は大陽線になるというような、明確な定義はありません。

小陽線の出現後

連続して小陽線が出現すると、大陽線へとつながる可能性があるなど、前後のローソク足を組み合わせて売買を行うことは可能です。

小陽線の種類

小陽線は、本体部分の大きさや、ヒゲの長さ、出現する位置などにより、相場の分析が変化します。上下のヒゲの長さなどにより、大きく3種類に分類されます。