これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

ローソク足【単線】

トンボの見方・分析【ローソク足図解】

トンボ(ローソク足)の分析

トンボ(ローソク足)の図解

トンボ(ローソク足)の図解

トンボとは、上ヒゲがない、または非常に短く、長い下ヒゲをもつ寄引同時線のことです。

トンボが出現したら

トンボは、示している時間において、売り勢力が優勢でしたが、その後買い勢力が盛り返すものの、始値を超えられなかったことを意味している場合が多いです。一般的にトンボが安値圏で出現した場合、上昇転換のサイン、高値圏で出現した場合、買い勢力が弱まっていることのサインと言われています。


関連する記事

もっと投資について学びたい方は…