トウバ(ローソク足)とは?

トウバ(ローソク足)の図解

トウバ(ローソク足)の図解

トウバとは、下ヒゲが無く、長い上ヒゲを持つローソク足のことです。本体が存在せず、長い上ヒゲを持つ寄引同時線ですが、ヒゲの具体的長さなどはありません。

トウバの分析方法

トウバは、買い勢力が上回った後に、売り勢力が盛り返したことを意味しています。そのため、トウバが出現したあとは、「下落開始」「もみ合い相場」 のいずれかになる可能性が高い言われています。なお、高値圏でトウバが出現した場合は、上げ止まりのサインなる可能性が高いと考えることができます。