これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

昨年来高値とは?【投資用語解説】

昨年来高値

読み方:さくねんらいたかね
対義語:昨年来安値

 

昨年来高値とは、
金融の世界において、
前年からのうち、
最も高い値段のこと
です。

(⇔昨年来安値

 

例えば、2017年に、
「日経平均株価が、
昨年来高値を更新した」
とあれば、
2016年1月からの高値を
超えて上昇したということを
意味しています。

 

なお、日本では多くの場合、
昨年来高値という言葉は、
1月から3月にかけて
よく使われます

4月から12月にかけては、
昨年来高値ではなく、
年初来高値という表現が使われます。

 

コインチェック

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…