これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

一般教書演説とは?【投資用語解説】

一般教書演説
(年頭教書)

読み方:いっぱんきょうしょえんぜつ
同義語:年頭教書

 

一般教書演説とは、
アメリカの大統領が連邦議会で、
その年1年間の政策や、基本的方針の
姿勢を表明する演説のことです。

 

連邦議会に対して、
内政や外交を含むあらゆるアメリカの現状を
どのように考えているかなどの見解を表明し、
「このような課題がある」と伝えるために行われます。

 

基本的にこの演説は、
1月最後の火曜日に行われ、
そこでは、両議院や大統領や副大統領だけでなく、
最高裁判所判事、総合参謀本部など、
行政、立法、司法、軍と
多くの人が出席するため、
非常に大きな注目を集めます。

 

コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…