これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

敵対的買収とは【投資用語集】

敵対的買収

読み方:てきたいてきばいしゅう
対義語:友好的買収

 

敵対的買収とは、
買収を仕掛ける側が、
買収をしようとする
会社の経営陣の承諾を得ることなく、

買収を仕掛けること言います。

 

この買収は、3分の1、
又は
過半数以上の株式を取得し、
買収対象会社の拒否権や、
経営権の得ることを目指します。

 

なお、法律によって、
3分の1以上の株式を所有する場合には、
TOB(株式公開買付)によって
行わなければなりません。

 

【敵対的買収の防衛策】

 

敵対的買収を受けた企業も、
この敵対的買収を防ぐために、
様々な「防衛手段」が存在します。

もちろん、企業の時価総額を高め、
「買収がしたくてもできない」状態にするのが
最も買収の防衛としては最適です

 

《敵対的買収の予防》

そもそも、買収されること自体を防ぐために、
以下のようなものがあります。

 

 

《敵対的買収の防衛》

もし、敵対敵買収をされた場合、
以下のような方法があります。

コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…