投資部門別売買動向
=投資主体別売買動向

 

日本取引所グループが公表している、
個人や外国人、
金融機関や投資信託といった、

どんな投資家が、どのくらいの規模で
日本株の売買を行っているのかを集計した
公式資料
のことです。

 

この調査の対象は、
東証と名証の1部2部、

マザーズ、JASDAQとなっています。

 

売買された金額や、
どういった投資家が、
日本株を売買しているのかなどが
記されているため、

現在の日本株の市場の捉えられ方や、
今後の予想を立てるうえで、
重要な役割となります。

 

特に、非常に多くのシェアを占めている
外国人投資家の動きは特に注目で、

ニュースなどで、
「外国人投資家が○○円買い越している」
という情報は、
この投資部門別売買動向において、
「海外投資家」に分類されている投資家の
「買い」が「売り」を
上回っていることを指しています。

 

週、月、年単位で集計しており、
週間は、原則次の週の木曜日
月間は、前の月の最終週の発表と同じ日
発表され、
日本取引所グループの
ホームページにで
確認することができます。

(木曜が休場の場合、
原則次の日の発表となります)

 

また、日本株式だけでなく、
株価指数先物やオプション、
ETFREIT、国債などの結果も
発表されています。